日本国花苑 彫刻の小径
  • 文字の大きさ:
  • 小さめ
  • 標準
  • 大きめ
Loading images...
  • 彫刻写真
  • 彫刻写真
  • 彫刻写真
  • 彫刻写真
  • 彫刻写真サムネイル
  • 彫刻写真サムネイル
  • 彫刻写真サムネイル
  • 彫刻写真サムネイル

空にかける階段 ’08-XVII 【第9回 大賞】

富樫 実:京都府 御影石/490×160×140cm

製作意図

1963年ユーゴ国際彫刻家シンポジュームに参加し67~68年フランス政府給費留学した折、己の瞳の黒いことに気付き、黒い目の世界(東洋)を創るべく、元元佛像彫刻より出発したこともあって爾来「空(くう)」をテーマに44年制作を続けている。その1点で「直」「曲」の極限の形で構成し負のホルムも要素に見る角度でその表情を変えるトポロジーを花と対比してはと考へた。

ページの先頭に戻る